企業再生を成功させる鉄則は勝つ人になること!その理由とは


企業再生を成功させるうえで最も大切なことは、「早い段階で成果を出すこと」だと言い切れます。企業再生では組織の人間を動かす必要があり、そのためには、「常勝できる人が、組織の立て直しを先導している」という事実を作ることが不可欠になるからです。

私は20代の頃、株主から再生先の企業に送り込まれて、ターンアラウンドマネージャーとして活動していました。何の実績もない、外部からやってきた若造に対し、お手並み拝見とばかりに遠巻きに見ているスタッフたちを動かすには、実際に行動して結果を出すしかありません。

しかし、組織が弱体化し、社内政治がはびこっている現状では、社内で満足の行く協力が得られるとは考えられず、外に営業をかけても、100%成功するという保証はありません。

このような八方塞がりな状況の中、私はできるだけ早く「常勝する人」になるために、確実に結果が出る方法を選択しました。

その方法については、noteに連載中の『企業再生メモランダム・第5回』でお話ししています。ターンアラウンドマネージャー当時に作成したメモを元にまとめましたので、興味があったらぜひご一読ください。

企業再生メモランダム・第5回 経費削減アクション・プラン