愚策続きの安倍政権は狂気の沙汰!次の総理に未来を託す方が賢明な理由


安倍政権の現状を見ると、秋の衆議院解散総選挙に現実味が帯びるのを感じます。

解散には大義名分が必要ですが、「消費税減税」がそれにあたるのではと、まことしやかに囁かれています。昨年の消費税増税は、景気後退期という最悪のタイミングでスタートし、結果的に日本経済に大きなダメージを与えました。景気回復の目処が立たない現状では、一日も早く解散したいというのが、与党の本音でしょう。

景気に加えて国民を失望させているのが、新型コロナウィルス対策で発動される、愚策のオンパレードです。たとえば「アベノマスク」は、新型コロナウィルス対策として打ち出されましたが、遅延や不良品が相次ぎ、莫大な税金を注ぎ込んだ割には、お粗末な状態となっています。

官僚との意思疎通が不十分で、マスコミや国民の声を置き去りにするような政策を推し進める安倍政権のガバナンス体制は、瀕死の状態と言えるでしょう。日本を立て直すためにも、安倍首相は退陣すべきと私は考えます。

内閣総辞職後は、速やかに組閣に取り組むべきです。理想的なポスト安倍内閣について、PRESIDENT Onlineの記事にて提案していますので、ぜひご一読ください。

次の総理は菅義偉で一択に…狂気のコロナ対策に終止符「100日後に死ぬ安倍政権」