ミネアポリスの抗議運動とアメリカの政局


先月、アメリカのミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系男性が白人警察官の暴行により死亡しました。

この事件を機に、全米で抗議運動が起こり、その一部が暴徒化しているわけです。この事件自体は痛ましい出来事なのですが、同時に共和党・民主党の間で政局化している点も見過ごせません。

要するに、アフリカ系の人たちの不満を、共和党・民主党のどちらが吸収していくかというキャンペーンになりつつあるわけです。

さらに、トランプ大統領のANTIFA発言や、Twitter社との攻防など、今回の抗議運動に関連して次々と絶えず話題が出てきています。

この一連のできごとを、Youtubeで詳しく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。