菅官房長官に、コロナ対策で手腕を振るわせるべきだった理由


新型コロナウィルスは、あっという間に日本の医療と経済を危機的状況に陥れてしまいました。

このような、突発的に発生した危機に対して、日本の政治家が右往左往している姿を見せられた多くの国民が、落胆し失望したのではないでしょうか?

今の安倍内閣の特性として、平時における高い安定運営力と、有事における低い危機対応力が挙げられます。

その理由の一つに、世襲議員の多さが挙げられます。安倍内閣のほとんどは、世襲政治家がそのポストに就いているのは周知の事実です。

やはり政治家は、家業として引き継いできた人と、たたき上げで上り詰めて来た人とで、平時と有事の対応能力が差が出ると考えても、あながち間違いではないでしょう。

その観点で考えた場合、実は現在の安倍内閣の中で、今回のコロナ対策に最も活躍して欲しかったのが、他ならぬ菅官房長官でした。

PRESIDENT Onlineでそのあたりを詳しく解説しましたので、ぜひご覧ください。

「頼む菅義偉、瀕死の日本を救ってくれ」アベノ世襲内閣唯一の実力派叩き上げ