真のリーダーシップを発揮するために必要なたった一つの考え方


リーダーの基本的な考え方。それは、「人として正しい」という価値観を持つことであると、私は考えます。

人は善と悪の両面を持っていると言われていますが、根本的には性善です。人は善いことに賛同し、追随する傾向があります。もしリーダーが、道徳的価値観を持っていなければ、多くの人々から支持を得ることは難しいでしょう。

それでは、「人として正しい」とは、どういうことなのでしょうか。たとえば、自分の懐を潤すために人を騙して利益を得ることと、相手が必要としているサービスを提供して利益を得ることでは、どちらが人として正しいか、と聞かれたとします。「もちろん後者だ」と答えられるのなら、あなたはすでに人として正しいこととは何かを理解しています。

このように、「人として正しい」ということはとても身近なことで、一般的な道徳観や倫理観があれば、誰でもリーダーになれる可能性があります。しかし、実際に行動に移そうとすると、難しさを感じるのも事実です。人として正しいことの重要性や、多くの人たちが期待しているリーダー像について、noteにまとめました。興味がありましたらぜひご一読ください。

リーダーと考える経営の現場・第6回 人として正しいことを