農民や小作人の立場で意見し、地域のために取り組んだ足立孫六


明治新政府により立憲政治の方針が明らかにされる中、強く公選民会(公の選挙によって民から選ばれた議会)の設立を要求した人物がいました。足立孫六(あだちまごろく)です。

足立は江戸時代後半に現在の静岡県菊川市で生まれ、その後、現在の袋井市にあった豪農足立家の養子となり、当時の浜松県で区長の経験もありました。

当時明治政府は、地租改正(収穫量に基づいて算定された地価を課税対象とし、地価3%を土地の所有者が金納するという税制)に臨んでいました。地価にかかわる収穫量は元々農民が算定していましたが、全体として歳入が減ることに気づいた政府は方針を変更。「交換米」と呼ばれる政府の案を農民に押し付け、農民の大反発を買います。

この頃、浜松県庁に勤めていた足立は、公選民会の必要性を何度も県令に提案。足立は民会係の担当となり、浜松県で民会を組織する代議人の選挙規則が大変進歩的な内容で作成されました。

その後、米価の下落もあり多くの農民は経済的苦境に陥り、交換米の廃止を強く求めました。遠州民会は政府による米の買い上げや東京での米の販売などの案を取りまとめ、出願総代理に選ばれていた足立は県庁と交渉することになります。

民会を通して農民や小作人の声を官に届けた足立孫六。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

自由民権運動の壮士たち 第11回 「平民的自由主義者」と呼ばれた男 足立孫六(静岡県)