取引なくして経済立たず!「買わない」選択をした時もダイジョウブ


取引は、欲しいものとお金を交換することで成り立ちます。アダム・スミスによりますと、取引とは「私の欲しいもの(商品)をください。そうすればあなたの欲しい物(対価)をあげましょう」と定義されます。

時には欲しいものかどうか、わからない商品もあります。やがて商品を手にとって本当に欲しいものかどうか確認できる「店」が登場し、その後市場へと発展していきます。

人は欲しい物を手に入れると、感謝の気持が自然に湧いてきます。もし欲しいものでなければ、「買わない」という選択をします。そして、使うつもりだったお金は将来、本当に欲しい物の購入代として、使われることになります。

取引が持つ本来の意味において、人々が買い物をするようになると、良い循環が生まれ、たとえ購入しない場合でも、メリットとなって人々に跳ね返ってきます。

そのメリットとはどういうものなのか、YouTubeにて説明していますので、ぜひご覧ください。